セルリターンの値段が韓国よりも高い理由|話題のLEDマスクについて徹底調査

毎月15,000個もの販売数を叩き出しているセルリターンマスク。お値段はなんと、日本円で税込み240,000円です。

韓国で人気のLED美顔器マスクが日本に初上陸し、雑誌「ar」や「美ST」でも掲載され注目を浴びているようですが、気になるのはセルリターンの価格ではないでしょうか?

今回は気になるセルリターンマスクの使い方や、韓国での値段とその理由について詳しく調査をしました。セルリターンのLEDマスクが気になっている方は、ぜひ最後までご覧になってみてください!

セルリターンとは|韓国発のLED美顔器マスク

冒頭でセルリターンのお値段について記載しましたが、そもそもどのような機能があって、どのような効果が期待できるのか気になりますよね。

セルリターンはLEDマスクと呼ばれる美顔器の一種で、ホームケアを目的として作られたものです。韓国で開発され、大韓民国では特許を取得しています。

セルリターンに使用されている「近赤外線」は、肌の深層部(最大15cm)まで届くといわれており、自宅でもエステサロンのようなケアを体感できるということで、美容好きの間でも話題です。

セルリターンの機能

セルリターンには主に3つの機能が搭載されています。

  1. レッド波長…きめを整えてトーンアップ
  2. ブルー波長…肌のうるおいを保つ
  3. レッド・ブルー波長…近赤外線では照射できない皮膚をカバー

これらの赤・青・ピンクの機能を持った光によって、肌の状態に合わせたケアが可能です。

セルリターンの韓国での値段

もとは韓国の商品であるセルリターン。日本での価格は税込み240,000円と、結構よいお値段で販売されています。そこで気になるのが韓国での販売価格です。

調べてみたところ、韓国の免税店では約150,000円~160,000円で販売されていました。

日本との差額は90,000円~100,000円程度となります。

セルリターン公式ホームページによると、日本に合わせた規格設計や日本でも安心して使用できるサポート体制を整えていることによってこのような価格差が生じているとのことでした。

正規代理店で購入すると修理を受け付けてくれるため、長く愛用していくうえでも安心ですね。

セルリターンLEDマスクの使い方

使い方は1日20分装着するだけなので、とてもお手軽です。

お風呂上りなどの洗顔後、何も塗っていない状態でLEDマスクを装着し、20分間好みの波長でライトを当てます。
照射後はしっかりと保湿をして肌を整えましょう。成分が馴染みやすくなっているため、美容液もあわせて使用するのがおすすめです。

マスクは目元がしっかりと空いているので、テレビやスマホを見たり、家事をしたりしながら利用できます。

セルリターンの広告塔「イ・ミンホ」って誰?

画像出典:Kstyle

イ・ミンホはソウル特別市出身の韓国俳優です。2009年KBS演技大賞「新人演技賞」をはじめとして、韓国での様々な演技大賞の受賞歴がある名俳優ともいえるでしょう。

自身のブランド力を活かし、家具ブランドとのコラボレーションや衣装のオークション出品による売上金を社会福祉団体へ寄付したり、2020年には新型コロナウィルス感染症の流行を受け、児童協会や社会福祉募金へ募金をしたりと、チャリティ活動にも精力的です。

Checkセルリターンはイ・ミンホの広告起用や、東方神起のジェジュンがInstagramで愛用している画像を投稿していたことから、美容家だけでなくファンからも支持を受けているようですね。

まとめ

今回はセルリターンの韓国での値段や使い方についてお伝えしました!
LEDマスクは肌の深層部にまで光が届き、エステサロン並みのホームケアを叶える人気の美顔器です。

少々お値段はしますが、日本でのサポート体制も整っており、大韓民国での特許も取得されているので安心して利用できそうですね。

韓国の人気歌手も愛用しているセルリターンが気になる方は、ぜひ公式サイトでじっくりとその機能を見てみてください!

おうちで20分の簡単エステ!
▼肌の奥まで光を届けるセルリターンを今すぐチェック!▼


コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP