CBDグミの効果や注意点とは|本当にリラックスや不眠の改善も期待できるのか徹底調査

CBDは近年、日本でも徐々に流通するようになり、その安全性や効果から「試してみたい」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、CBDは日本で規制されている「大麻草」から抽出されるもの。手に入れるのがなんとなく不安になる気持ちもわかります。

今回はCBDの効果や摂取するうえで注意すべき点について徹底的に調べ上げました!

日本で流通しているのには理由があります。購入しようか迷っている方が安心できるような情報をたくさん揃えましたので、ぜひ参考にしてみてください。

CBDにはどんな効果があるのかな?一緒に知っていこう!

日本の自社工場で製品化している
▼安心のCBDグミはコチラ▼

CBDとは?|大麻草から抽出し合法とされる成分

CBD(カンナビジオール)とは、大麻草から抽出される天然化合物のことです。
大麻草の主要の成分には、「THC(テトラヒドロカンナビンノール)」と「CBD(カンナビジオール)」と呼ばれるものが含まれています。

中でもTHCは薬理作用もありますが、幻覚や興奮などの危険な作用を引き起こすとして、日本では大麻取締法によって規制が設けられている成分です。

一方、CBDについては大麻草の「茎や種から抽出された成分のみ」大麻取締法の規制の対象外となります。

危険な副作用や幻覚などを引き起こさないとされているため、近年では国内でも流通するようになりました。

輸入には厚生労働省や関係機関による正式な許可が必要

日本では規制の対象外とされているCBDですが、輸入するためには厚生労働省や税関などの機関による、正式な許可が必要です。

CBD製品の輸入にあたっては「関東信越厚生局麻薬取締部」へ、メールで事前に資料を提出しなければなりません。

メールでの許可を得たあとも、輸入時に確認が求められた場合には速やかに資料を提出し対応します。

国内で流通している製品は、こうした厳しい検査を通過して世に出ているということだね。

規制の対象「大麻」との違い

先述の通り、CBDは大麻草から抽出される成分です。大麻草の成熟した茎や種から抽出されたもので、関係機関の許可を得たものであれば、規制の対象となる「大麻」には当てはまりません。

国内で規制の対象となっている「大麻」は、有害とされている「THC」などの成分を含んでいます。

CBDと大麻の違いは法律による規制ももちろんありますが、ひとことで言えば「安全」か「安全ではない」かの違いです。

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください

CBDによって期待できる5つの効果

法に基づいて抽出されたCBDには、主に期待できる5つの効果があります。

  1. リラックス
  2. 肌荒れへのアプローチ
  3. 疲労感の軽減
  4. 睡眠の質向上
  5. 鎮痛

日本では「臨床カンナビノイド学会」や「臨床CBDオイル研究会」などで、臨床実験の結果が公表されていたりするよ。

1.リラックス

不安障害や寝つけないことに悩まされていた39歳女性によるCBDの使用症例では、以下のような報告が挙がっています。

まきクリニック(内科、名古屋市)

平成30年5月に入り不安感のため眠れず、発作的に強い不安感が生じることもあり、心療内科受診。メイラックス、レンドルミン他、ワイパックスも不安時の頓服として出されていた。

不安のため本人もやや多めにワイパックスを頓服することもあり、酔ったような状態となり、一時覚醒せずに救急搬送されるなどした。

8%ブロードスペクトラムCBDオイルを就寝前に1mlを指示し、さらにビタミンB群の医療機関向サプリメントを併せて渡した。その後CBDオイルに関しては本人は自己判断で日中にも不安時に0.5mlずつ頓服していた。

その後2日間で不眠や不安が改善し、抗不安薬や眠剤は全く服用しなくてもよくなった。1週間ほどで全く正常に復して仕事が問題なくできる状態となった。

引用元:臨床CBDオイル研究会

不安感などの精神的な症状への効果が期待でき、気分転換のようなリラックスタイムでの使用ももちろん可能です。むしろ、リラックスの目的で使用している方も多いでしょう。

CBDには「レアルアドレナリン」「ドーパミン」と並んで神経伝達物質の中でも重要とされている「セロトニン」の分泌を活性化させる機能もあるため、精神症状に対して効果が期待できるのです。

2.肌荒れへのアプローチ

研究結果では皮脂を抑えたり、ニキビの原因となるアクネ菌や、黄色ブドウ球菌の増殖を抑えたりする効果があると報告されています。

美肌や美容目的で使用するための「CBDコスメ」なるものもあって、日本で開催される国際化粧品展でも出展されたりしているんだって。

3.疲労感の軽減

CBDは不自然な高揚感を感じることはなく、ゆるやかにドーパミンの受容体へ作用し、疲労感を軽減してくれるとされています。

4.睡眠の質を改善

2019年、アメリカでは不安症状や寝つけないことに悩まされる70人以上の「開業医」を対象とした臨床実験が行われました。その結果、67%もの人の間で不眠症状が改善されたとの報告が挙がったのです。

神経伝達物質へ作用することから、心身がリラックスし、その効果が快眠へと繋がるとされているのです。

5.鎮痛

CBDには抗炎症作用の成分が含まれており、頭痛や関節の痛みなどにも効果が期待されています。

▼国内で製造される安心のCBDグミはこちら▼

効果には個人差があることを理解しよう

どんなに優しいといわれる薬でも副作用が現れたり、効果が全く感じられない人がいたりするように、CBDにおいても効果には個人差があるということは覚えておきましょう。

なかには抗がん作用などについて言及されていることもありますが、研究データがまだまだ少ないとされる効果があるのも事実です。

医薬品としてはまだ認められていませんので、あくまでも健康食品として捉えてくださいね。

CBDの持続時間と摂取方法のメリットデメリットについて

CBDを摂取するには、主に3つの方法があります。

  • 経口
  • 舌下
  • VAPE(ベイプ)を利用した蒸気での摂取

効果の持続時間はそれぞれの摂取方法によって差がありますので、それぞれのメリットやデメリットと一緒に見ていきましょう。

経口での摂取|手軽に摂取ができて体内に留まる時間が長い

経口で摂取する場合、グミやチョコレートなど、お菓子として楽しめる製品があり、手軽に摂取できるのがメリットです

成分が体内に留まる時間は最大で12時間といわれており、持続時間も必然的に長くなります。

経口摂取のデメリットは、通常の食べ物と同じく消化による分解が行われるため、効果が感じにくい可能性があるという点です。

舌下での摂取|短い時間で効果が表れる

持続時間は最大8時間程度といわれています。
血管から吸収されることによって血液中の濃度が比較的高く、効果を感じやすい可能性もあるのがメリットとして挙げられます。

一方で、舌下での摂取にはCBDオイルを利用することがほとんどですが、慣れるまで容量がわかりにくいのがデメリットです。

VAPE(ベイプ)|肺に吸収されるため高い効果が期待される

蒸気を使った摂取は、持続時間が一番短いとされており、最大1時間程度といわれています。

効果が表れるまでの時間も短く、肺から成分が吸収されるため、血液中の濃度は舌下よりもさらに高いとされている点がメリットといえるでしょう。

持続時間が短いため、コストパフォーマンスの点で難があるというのがデメリットです。

CBDに危険な要素はある?|服薬の組み合わせや副作用に注意

精神症状や寝つけない悩みへの嬉しい効果が期待されていることがわかりましたが、気になるのは副作用についてではないでしょうか。

結論として、危険な副作用はないとされています。しかし念のため注意しておきたいのは、薬の飲み合わせや人によって異なる「適量」の感覚です。

CBDを摂取するにあたっての注意点についてまとめましたので、一緒に確認しておきましょう。

一般的には「安全」とされている

CBDは世界保健機関WHOで安全性が認められており、アメリカにある国立がん研究所でも、CBDの過剰摂取によって死亡するリスクはないとの研究結果が発表されています。

日本での使用が許されているのも、危険性の高いTHCとは違って安全であることが認められているためです。

ただし、購入の際にはTHCフリーであることをしっかりと確認しておく必要があります。中には日本で販売されていたCBD製品でTHC成分が検出されてしまったケースもあるためです。

日本ではTHC成分が微量でも検出されてしまうと取り締まりの対象となるんだ。厚生労働省では2020年、THCが検出された製品について公表をしているよ。

服用薬とCBDの高容量に注意

100mg以上の高容量でCBDを摂取する際には、医薬品の飲み合わせに注意しましょう。

抗生物質や抗精神薬、抗不整脈薬などの薬と高容量のCBDを同じタイミングで服用すると、血中濃度が上昇したり、処方薬の作用時間が延びたりする可能性があります。

服用薬があり、CBDを高容量で摂取する場合には、数時間の間を空けるようにしましょう。
また、自己判断で処方薬を調整するのは危険です。必ず医師に相談をしてくださいね。

高容量でCBDを摂取すること自体に危険性があるわけではなく、あくまでも服用薬との組み合わせに注意しようという意味だよ。

まとめ|日本の検査を通過したCBDは基本的に安心!

今回はCBDの効果や安全性について徹底的に解説しました。

大麻草の成熟した茎や種から抽出されたCBDに限って日本では規制の対象外となり、CBDの安全性は世界でも認められています。

CBDは精神症状や、寝つけないような悩みへの効果が期待され、中でもCBDグミは手軽に摂取ができて初めての方にもおすすめです。

日常の疲労感や、寝つきの悪さに悩んでいるという方は、ぜひ一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

特許出願技術で抽出された原材料を利用!
▼国内で製造される高品質なCBDグミはこちら▼


コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP